古都奈良の文化財

古都奈良の文化財

概要

古都奈良の世界文化遺産は、日本建築と日本美術の進化をその目で見ることができる貴重な世界遺産で、奈良が日本の都として栄えていた710年から784年までの日本の文化と政治の発展を鮮明に示しています。

この時代に日本の国家体制が確立され,日本文化の源泉として奈良は隆盛を極めました。
この世界遺産は現在の奈良市に位置し、78 棟の建造物を含む 8つの構成要素からなります。
登録地域の面積は619.9 haで、緩衝地域(1962.5 ha)と歴史的環境調整区域(539.0 ha)に囲まれています。

奈良の都であった平城京が置かれた場所は、中国の風水の陰陽思想に則り慎重に選定されたと言われています。
長安などの中国の都を参考にし、壮大な都市計画が策定され、宮殿や寺院、神社、公共の建造物、住居、道路が格子状の区画上に作られました。
平城京の中央通りの北端に位置する平城宮の面積は120 haを占めており、政治的・宗教的儀式を執り行う公的な建物、大極殿、朝堂院、内裏(天皇の住居)などの行政等の目的に利用される様々な施設が集まっていました。

世界文化遺産としての「古都奈良の文化財」の構成資産は考古学的な価値のある遺跡(平城宮跡)、5つの仏教寺院(東大寺・興福寺・薬師寺・元興寺・唐招提寺)、神社(春日大社)、関連する文化的景観(春日山原始林)及びすべての神社にとって不可欠な自然環境が含まれます。
これらの資産はその後の日本の歴史に政治的・文化的変化を及ぼした8世紀の日本の都における宗教や生活の在り方を鮮明かつ包括的に示すものとなります。

遺産種別

世界文化遺産

所在地

奈良県

世界遺産登録時期

1998年

構成資産

  • 東大寺(正倉院を含む)
  • 興福寺
  • 春日大社
  • 元興寺
  • 薬師寺
  • 唐招提寺
  • 平城宮跡
  • 春日山原始林

おすすめ旅行プラン

おすすめ宿泊数(大阪から行く場合)

日帰りから可

おすすめ交通手段(大阪から行く場合)

電車。
(奈良市内の道路は渋滞が激しいため、自動車での観光はおすすめできない)

必要な体力

★★★☆☆☆☆☆☆☆
坂道等を歩ける程度の体力があるのが望ましい。

旅行日程例

予算の目安

5000円~(日帰り)

古都奈良の文化財周辺の観光地

奈良公園:東大寺の隣にある公園で、鹿が有名です。鹿せんべいを手に持つと鹿がすごい勢いで近寄ってくるので注意。

日本の世界遺産一覧