小笠原諸島

小笠原諸島

概要

 小笠原諸島は東京の南海上およそ1000km、太平洋の北西に位置します。
世界遺産の構成資産は、南北約400kmに渡って散在する30以上の島々から構成され、大きく父島、母島を含む小笠原群島と、硫黄島を含む火山列島からなり、伊豆・小笠原海溝に沿って点在します。この島々のうち、現在は父島、母島にのみ一般住民が住んでいます。
登録エリア面積は合計7939ha(地上:6358ha、海上:1581ha)となります。

 小笠原諸島はその多くを亜熱帯森林と乾性低木林で覆われています。
それら森林には、440以上の様々な植物種が存在しますが、植物全体で40%、樹木に限れば70%が小笠原諸島の固有種となります。
また、カタツムリについては100種類以上の固有種が存在する、世界遺産として価値の高いエリアになっています。

 小笠原諸島は一度も大陸と陸続きになったことがない海洋島で、今なお続く生態系の進化過程を観察することができます。さらには、適応分散により生じた固有種が数多く見られるとともに、海洋島独特の進化様式も形成されており、こういった環境が顕著な進化の見本であるとして世界遺産に登録されました。

遺産種別

世界自然遺産

所在地

東京都

世界遺産登録時期

2011年

構成資産

  • 父島(一部地域)
  • 母島(一部地域)
  • 北ノ島
  • 聟島
  • 媒島
  • 嫁島
  • 弟島
  • 兄島
  • 西島
  • 東島
  • 南島
  • 向島
  • 平島
  • 姪島
  • 姉島
  • 妹島
  • 北硫黄島
  • 南硫黄島
  • 西之島
  • 各島周辺の岩礁・海域

おすすめ旅行プラン

おすすめ宿泊数(大阪から行く場合)

1週間以上
(東京⇒父島のフェリーが片道25時間程度で、週1,2便程度しかありません)

おすすめ交通手段(大阪から行く場合)

新幹線+フェリー
(小笠原諸島には民間人が利用できる空港が存在せず、フェリーでのアクセスのみとなる。唯一のアクセス手段であるフェリーの小笠原丸は東京港から就航しているので、東京までは新幹線でアクセスするのが比較的楽である。)

必要な体力

★★★★★★★★★★
往復のフェリーがそれぞれ25時間程度かかるため、かなりしんどいです。
また、小笠原ではシュノーケリングやダイビング、小笠原諸島の自然の散策(トレッキング等)がメインとなるため、体力に自信が無い方にはあまりおすすめできる場所ではありません。

旅行日程例

宿泊とおがさわら丸往復チケットがついた「おがまるパック」がお得。
小笠原旅行の計画を立てるには、小笠原諸島旅行の計画の立て方も参考になります。

予算の目安

最低約13万円
(新幹線往復約26500円+おがさわら丸2等船室往復約56000円+宿泊費父島4泊素泊まり20000円(5000×4)+ツアー10000円+食費など20000円)

小笠原諸島の観光地

父島:全体マップエリア毎マップ
母島:全体マップ
(父島、母島ともに、小笠原観光協会が発行している無料の「父島ガイドブック」「母島ガイドブック」があれば、観光に不便しません。おが丸船内や港などで配布しています。)

父島:ドルフィンスイムツアー


南島上陸ツアー(南島は楽園!という言葉がぴったりな本当に奇麗な島でした)
母島:小富士から見下ろす南先周辺の景色がきれいです。

日本の世界遺産一覧