富岡製糸場と絹産業遺産群

富岡製糸場と絹産業遺産群

概要

 富岡製糸場は明治初期に設立された、歴史的に絹生産国だった日本の長年の目標であった大量生産技術の獲得を例証する施設となります。
関連施設として、富岡製糸場の他に、二つの養蚕学校と蚕卵保管庫をが構成資産として世界遺産に登録されました。

 日本政府は蚕卵の生産、蚕の飼育、機械化された生蚕糸の巨大製糸・紡糸工場の建設について、フランスの機械装置とそれらを運用するための高度な産業専門知識を輸入しました。
それにより集約システムとしてこの富岡製糸場を群馬県に作り上げました。

 富岡工場団地とその関連施設は19世紀第四半期の養蚕業と日本の絹産業再生の決定的な要因であり、日本が近代先進国の一員として参入するための重要な要素となりました。

遺産種別

世界文化遺産

所在地

群馬県

世界遺産登録時期

2014年

構成資産

  • 富岡製糸場
    • 繰糸所
    • 東置繭所
    • 西置繭所
    • 蒸気窯所
    • 首長館
    • 鉄水溜
  • 田島弥平旧宅
  • 高山社跡
  • 荒船風穴

おすすめ旅行プラン

おすすめ宿泊数(大阪から行く場合)

一泊二日

おすすめ交通手段(大阪から行く場合)

新幹線+特急

必要な体力

★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
都市部にあることもあり、日本の世界遺産の中ではアクセスが容易。

旅行日程例

予算の目安

富岡製糸場周辺の観光地

温泉:群馬県といえば、関東随一の温泉県です。有名どころでは、草津温泉や伊香保温泉がありますが、ほかにも様々な温泉街があるため、富岡製糸場の観光の後は温泉にてゆっくりしてみてはいかがでしょうか。

日本の世界遺産一覧