平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群

平泉

概要

 平泉の4つの浄土庭園のうち、3つは聖なる山である金鶏山に焦点を合わせており、仏教における浄土という概念と日本固有の庭園,水,周辺の景観の関係性という発想の融合を例証するものになります。
浄土庭園のうち2つは、発掘調査で発見された多くの詳細事項に基づき再建されましたが、残りの2つは地下に埋蔵された状態で今も残っています。

 11世紀および12世紀に東北地方の政治・行政の中心であった平泉は、短い期間ではありましたが、政治的・商業的に京都に匹敵する発展した年でした。
4つの庭園は東北地方の統治一族である奥州藤原氏により建設され、現世における浄土の象徴的な表現として、泉水や樹木、金鶏山の山頂と関係した完全な仏堂の配置を通じて、楽土の光景を具現化したものとなります。
重厚に金箔を被せた中尊寺金色堂は、12世紀より唯一残存している建造物となり、奥州藤原氏一族の卓越した富を反映しています。

 1189年に平泉が政治・行政上の地位を失い、平泉一帯は滅びることとなりましたが、平泉・奥州藤原氏のの華々しい勃興と莫大な富、また、急速で劇的な崩壊は多くの詩歌を生み出す源泉ともなりました。
1689年には俳人・松尾芭蕉が「夏草や 兵どもが 夢の跡」と歌にしていることでも有名です。

 世界遺産である平泉は、かつての日本の巨大・中心都市に存在した四つの浄土庭園からなる遺跡群、および、12世紀より残存する類まれなる仏堂、また、聖なる山である金鶏山との関係性は、日本の他の都市の仏堂や庭園の設計および庭園デザインに影響を与えており、独自の発想や平泉の富、権力を反映した類稀なる遺産となります。

遺産種別

世界文化遺産

所在地

岩手県

世界遺産登録時期

2011年

構成資産

  • 中尊寺
  • 金色堂
  • 覆堂
  • 経蔵
  • 毛越寺
  • 観自在王院跡
  • 無量光院跡
  • 金鶏山

おすすめ旅行プラン

おすすめ宿泊数(大阪から行く場合)

2泊~

おすすめ交通手段(大阪から行く場合)

新幹線(約5時間半程度)

必要な体力

★★★☆☆☆☆☆☆☆
坂道等を歩ける程度の体力があるのが望ましい。

旅行日程例

予算の目安

新幹線往復 約4.4万円
宿泊費など 1万~2万円程度

平泉周辺の観光地

平泉周辺には有名な観光地はあまりありませんが、新幹線で行く場合には仙台駅で乗換となるため、仙台駅で途中下車し、仙台観光や仙台グルメを楽しんでみてはいかがでしょうか。