古都京都の文化財

古都京都の文化財

概要

古都京都の文化財は、京都府京都市、宇治市及び滋賀県大津市に位置する17の構成資産より構成されています。

西暦794年に古代中国「唐」の首都「長安城」に倣って、京都に平安京が建設されました。
その後、19世紀半ばまで首都・皇都として機能する傍ら、文化の中心としても栄え、1000年以上の間、特に宗教建築における日本の木造建築の発展に大きな影響を与え、日本庭園の芸術性にも大きなかかわりがあり、世界中の造園にも影響を与えてきました。

世界文化遺産である「古都京都の文化財」の構成資産である198の建物と12の庭園かならなる17構成資産は、大部分が10世紀から17世紀の間に建造および設計されたとされています。
登録遺産である17の施設のうち、二条城を除く全ての施設が宗教的な建造物です。
世界遺産としての登録範囲は全体で1056ヘクタールに及び、その周囲を3579ヘクタールの緩衝地帯が取り巻いています。

遺産種別

世界文化遺産

所在地

京都府、滋賀県

世界遺産登録時期

1994年

構成資産

  1. 賀茂別雷神社(上賀茂神社)
  2. 賀茂御祖神社(下鴨神社)
  3. 教王護国寺(東寺)
  4. 清水寺(地主神社を含む)
  5. 延暦寺(広範囲に及ぶ境内地(比叡山)を含む
  6. 醍醐寺(院家(塔頭)寺院の三宝院を含む)
  7. 仁和寺(別称・御室御所)
  8. 平等院
  9. 宇治上神社
  10. 高山寺
  11. 西芳寺(別称・苔寺)
  12. 天龍寺
  13. 鹿苑寺(相国寺塔頭、別称・金閣寺)
  14. 慈照寺(相国寺塔頭、別称・銀閣寺)
  15. 龍安寺
  16. 西本願寺(本願寺)
  17. 二条城

おすすめ旅行プラン

おすすめ宿泊数(大阪から行く場合)

日帰りから可

おすすめ交通手段(大阪から行く場合)

電車。
(京都市内の道路は渋滞が激しいため、自動車での観光はおすすめできない)

必要な体力

★★★☆☆☆☆☆☆☆
坂道等を歩ける程度の体力があるのが望ましい。

旅行日程例

予算の目安

5000円~(日帰り)

古都京都の文化財周辺の観光地

京都水族館:京都の観光は神社やお寺といった寺社仏閣がメインですが、それ以外の観光スポットとしては京都水族館がおすすめです。派手な水槽はないものの、魅せる展示で楽しめます。